Palm Programmer's Laboratory

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

【C/C++】ハードボタンなどで操作可能な Alert 拡張のサンプル

[開発情報]

概要

 このページでは、OS 5 の Notification を利用し、ハードボタンなどで操作可能な Alert を実現するためのサンプルを提示します。

説明

 このサンプルに含まれる3つの関数は、Palm OS API の FrmAlert 系 API を拡張するアラート関数のサンプル実装です。任意のハードボタンなどを使ってアラートの各ボタンのタップをシミュレートできます。

 使い方は簡単です。アラートのボタンに対応するキーコードの配列を与えれば、そのイベントがアラート上のボタンタップイベントに転換されます。以下の例では、ハードボタンの1・2を押すことでアラートを操作できるようになります。

UInt16 trapButtons[] = { 516, 517, 0 };
UInt16 ret = FrmAlertEx( YOURALERTID, trapButtons );

動作確認環境

 このサンプルは、以下の環境でコンパイル・および動作の確認をしています。特に開発環境依存はないはずなので、gcc + pilrc でも使用できると思います。

  • コンパイル環境:CodeWarrior 9J
  • 動作確認環境 :Palm OS 5 のデバイス

 ただし、Notification を使用しているため、Palm OS 5 でないと動作しません。

ダウンロード

 ダウンロードファイルは zip 形式で圧縮されています。ヘッダとインプレのファイルがそれぞれ1つずつ、および ReadMe.txt が含まれています。

 AlertEx.zip(361)

注意事項

 このパッケージに関する再配布・改変に関する事項はすべてパッケージ内の ReadMe.txt を参照してください。また、免責事項に関しても同様です。質問・疑問などはこのページにコメント願います。

コメント

 このページの情報に関する誤りや追加情報がありましたら、コメントをお願いします。

お名前: コメント:


表示された文字列